倉庫・工場のクリーニング費用を徹底比較!プロのハウスクリーニング業者に依頼するメリットとは?

工場

定期的に清掃を頼みたい

「事務所の中」掃除を依頼したい…

倉庫・工場のクリーニングを定期的に依頼したい

当社!仙台ハウスクリーニング.COMにお任せください!

倉庫や工場の清掃を専門業者に依頼するべきか、それとも自分たちで賄うべきか迷っている方へ。本記事では、倉庫や工場のクリーニングにかかる費用の相場を詳しく解説し、どのような条件で費用が変動するのかについてもご紹介します。さらに、クリーニング内容別の料金プラン例も示し、業者に依頼するメリットとデメリットについても触れていきます。そして、数多くの業者から最適な業者を選ぶ際のポイントや注意点も網羅的にお伝えします。この記事を読むことで、クリーニングの料金に関する理解が深まり、最適な選択をするための一助となることでしょう。

「オフィスの清掃を依頼したい…」

「定期的なクリーニング」は仙台市内で最安値で高評価いただいております!

倉庫・工場のクリーニングにかかる費用の相場

広さ別に見る費用の目安

倉庫や工場のクリーニング費用は、その広さによって大きく変動します。以下は一般的な広さ別の費用目安です。

広さ費用の目安
100㎡未満約5万円~10万円
100㎡~300㎡約10万円~30万円
300㎡以上30万円以上

広さが増えるほど、必要な労力や清掃にかかる時間が増加するため、費用も比例して高くなります。また、特別な設備を持つ工場や倉庫は、それに応じて追加料金が発生する場合がありますので注意が必要です。

汚れ具合別に見る費用の目安

クリーニングの費用は汚れ具合にも依存します。汚染度が高い場合、時間や労力がかかり費用も高くなります。

汚れ具合費用の目安
軽度の汚れ広さ×単価(例:約500~1,000円/㎡)
中度の汚れ広さ×単価(例:約1,000~2,000円/㎡)
重度の汚れ広さ×単価(例:約2,000円以上/㎡)

軽度の汚れの場合、日常的に発生する塵や埃を取り除く程度のクリーニングとなり、比較的安価です。一方、中度の汚れでは、油汚れやカビが見られることが多く、特殊な洗浄剤や機器を使用するため、料金は中程度となります。重度の汚れは、長年手つかずだった場所や、強い薬品を使わなければならない場合が多く、その結果、クリーニング費用も高額になります。

クリーニング内容別に見る費用の目安

クリーニングの内容により費用も異なります。以下は主なクリーニング内容とその費用の目安です。

クリーニング内容費用の目安
ダストクリーニング1㎡あたり約1,000~1,500円
床洗浄1㎡あたり約1,500~2,000円
窓・照明清掃1か所あたり約2,000~5,000円
高所清掃1㎡あたり約2,000~3,000円

ダストクリーニングは、日常的に積もる埃や微細なゴミを取り除く作業です。この作業は比較的簡単で、費用も抑えられます。床洗浄は、床の材質に応じた専用の洗浄剤や機器を使用し、汚れを徹底的に取り除く作業です。窓・照明清掃は、通常の清掃業務とは異なり、高所作業や特殊な洗剤を使うため、1か所ごとの料金となり、費用は変動します。高所清掃は、大きな機械や特殊な装置が必要になりますので、通常の清掃作業よりも高額となることが多いです。

倉庫・工場クリーニングの料金プラン例

ダスキング

倉庫や工場内のホコリや微細な汚れを取り除くダスキング作業は、清潔な環境を保つために非常に重要です。料金プランは主に作業範囲や頻度によって異なります。

  • 小規模倉庫(500m²以下): 1回のダスキングで約30,000円〜50,000円
  • 中規模倉庫(500m²〜1,000m²): 1回のダスキングで約50,000円〜100,000円
  • 大規模倉庫(1,000m²以上): 1回のダスキングで約100,000円〜300,000円

注意点として、ダスキングは定期的な実施が推奨されます。特に工場の場合、毎日新たな汚れが発生するため、

床洗浄

床面の汚れや油汚れ、頑固なシミを専門の機器を使って徹底的に清掃する作業です。

広さ料金目安(1回あたり)
小規模倉庫約40,000円〜70,000円
中規模倉庫約70,000円〜150,000円
大規模倉庫約150,000円〜400,000円

床洗浄では、具体的に専用の洗浄機器を使用して効果的に汚れを除去します。さらに、定期的な床洗浄を行うことで安全性と美観を保つことができます。

窓・照明清掃

窓ガラスや照明設備の清掃は、明るく清潔な作業環境を維持するために欠かせません。

項目料金目安(1回あたり)
窓清掃(小規模)約20,000円〜50,000円
窓清掃(中規模)約50,000円〜100,000円
照明清掃(小規模)約10,000円〜30,000円
照明清掃(中規模)約30,000円〜70,000円

窓や照明の清掃は、従業員が快適に働ける環境を作るだけでなく、訪問者に対する印象も大きく改善します。

高所清掃

高所に位置する配管や換気扇、天井部分の清掃は専門技術が必要であり、料金も作業の難易度に応じて変動します。

  • 高所ダクト清掃: 約50,000円〜150,000円
  • 高所換気扇清掃: 約30,000円〜100,000円
  • 天井部清掃: 約70,000円〜200,000円

特に、高所清掃は安全対策が重要であり、

業者に依頼する場合のメリット・デメリット

プロのクリーニング業者に依頼する場合のメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

  • 専門技術と道具を使用するため、確実に清掃できる。
  • 作業時間が短縮され、生産性が向上する。
  • 安全対策が徹底されているため、事故のリスクが低い。
  • 定期契約により、常に清潔な環境を維持できる。

デメリット

  • コストがかかるため、予算オーバーになる可能性がある。
  • 依頼先の業者の選定ミスが原因で、質が低い作業をされる恐れがある。

倉庫・工場のクリーニング業者を選ぶ上での注意点

口コミや評判を確認する

まず、クリーニング業者の口コミや評判を確認しましょう。実際に依頼した人の感想や評価は信頼性の高い情報源です。 インターネット上のレビューサイトやSNS、業者の公式ウェブサイトに掲載されているお客様の声をチェックすると良いでしょう。

料金体系の明確さ

業者の料金体系が明確かどうかは重要なポイントです。隠れた追加料金が発生しないように、事前に見積もりを取り、料金明細を確認しましょう。 複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格を把握できます。

見積もりの内訳を確認

  • 基本料金
  • オプションサービスの料金
  • 出張費用

対応しているクリーニング範囲

業者が対応しているクリーニングの範囲も確認する必要があります。倉庫や工場の特定の部分だけを清掃してほしい場合や、全体的な清掃を依頼したい場合など、 それぞれに対応しているかどうかを確認してください。

対応範囲のチェックポイント

  • 床のクリーニング
  • 窓や照明の清掃
  • 高所の清掃
  • 特別な機械や設備の清掃

資格や許認可の有無

クリーニング業者が必要な資格や許認可を取得しているかどうかも重要です。特に高所作業や特定の化学薬品を使用するクリーニングの場合、 安全に作業を進めるためには専門的な知識と資格が必要です。

資格や許認可の例

  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 酸素欠乏危険作業主任者
  • 清掃業務管理者

アフターサービスの充実度

クリーニング後のアフターサービスが充実しているかどうかも重要です。例えば、クリーニング後に不具合が発生した場合の対応や、 定期的なメンテナンスサービスが提供されているかどうかを確認しましょう。

アフターサービスの種類

  • 定期メンテナンスサービス
  • 保証制度
  • 清掃後のチェック・報告書の提供

環境への配慮

使用するクリーニング剤や方法が環境に配慮しているかどうかも確認しましょう。環境に優しいエコクリーニングを提供する業者を選ぶと、 地球への負担を軽減できます。

環境配慮型のチェックポイント

  • 生分解性のクリーニング剤の使用
  • 節水・節電対策
  • リサイクル可能な清掃資材の使用

柔軟な対応力

依頼内容に応じた柔軟な対応が可能かどうかも確認しましょう。緊急時の対応や、特別な清掃要望に応じてもらえるかどうかがポイントです。

柔軟な対応の例

  • 24時間対応可能
  • 緊急の清掃対応
  • 特定のスケジュールに合わせた清掃計画の提案

まとめ

倉庫・工場のクリーニングにおいては、プロのハウスクリーニング業者に依頼することで、効率的かつ効果的な清掃を実現することができます。費用は広さや汚れ具合、クリーニング内容によって変動しますが、業者選定の際には料金プランやサービス内容をしっかり確認することが重要です。ダスキングや床洗浄、窓・照明清掃、高所清掃など、さまざまなサービスを提供する業者が存在します。また、業者に依頼するメリットとしては、業務に専念できる時間の確保と、プロならではの知識と技術による高品質なクリーニングがあります。一方、業者選びで失敗するとコストの無駄や品質低下のリスクがあるため、事前に口コミや実績を調査することが推奨されます。最終的に、適切な業者を選ぶことで、長期的な経費削減と職場環境の改善が期待できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!