【簡単】換気扇・レンジフードの油汚れを100均グッズで撃退!

換気扇清掃

油ギトギトで触りたくない

「ゴシゴシ」擦っても汚れが取れないし困っていました

換気扇やレンジフードの油汚れに悩んでいませんか?

当社!仙台ハウスクリーニング.COMがわかりやすく解説します!

この記事では、100均で手に入るグッズを使って、手軽にそして効果的に油汚れを撃退する方法をご紹介します。特に、油汚れが放置されるとどのような問題が起きるのか、100均グッズがなぜおすすめなのか、また具体的な掃除手順や汚れのレベルに応じた対処法を詳しく解説します。最終的には、掃除後のメンテナンス方法までカバーしているため、この記事を読むことで手軽にプロ並みの清掃結果を手に入れることができます。それでは早速、詳細を見ていきましょう。

換気扇・レンジフードの油汚れを放置するとどうなる?

悪臭の原因になる

油汚れが放置されると、臭いがこもりやすくなり、キッチン全体に不快な臭いが広がることがあります。このような臭いは料理の香りと混ざり合い、食材本来の味や香りを損なってしまいます。特に湿度の高い季節や暖かい気候では、このような問題が一層顕著になります。

例えば、焼き魚の香りと拭き残った油汚れの臭いが混ざり合うと、食欲を損なうだけでなく、嫌な臭いが長時間残る原因となります。

火災リスクが高まる

油汚れは可燃性のため、長期間放置することで火災のリスクが増加します。特に、換気扇やレンジフードの内部にたまった油汚れは、調理中に火花が飛び散った際に火災の発生源となり得ます。統計的に見ても、家庭内火災の原因の一部は油汚れに起因することが報告されています。

普段から目に見えない内部の汚れが蓄積されると、一つの火花が大きな火災を引き起こすことがあるため、定期的な掃除が重要です。

換気効率の低下

油汚れがフィルターやファンにたまると、換気効率が低下し、キッチン内の空気が清浄に保てなくなります。結果として、調理中の蒸気や煙をうまく外に排出できず、室内が汚れやすくなります。特に魚をフライパンで焼いたり、揚げ物をしたりするとその影響が明白です。

例えば、換気扇が油で詰まっていると、調理中の煙が部屋に充満し、料理の香りを超えて不快な臭いを残すことが多いです。

電気代の増加

油汚れが換気扇やレンジフードにたまると運転が重くなり、モーターに負担がかかります。そのため、電力消費が増え、無駄な電気代がかかることになります。汚れによってファンの回転が遅くなると、必要以上にモーターが頑張るため、電力使用量が増加します。

例えば、通常の使用であれば月々の電気代が300円程度であるところ、油汚れが原因で500円に増えることもあります。

機器の寿命が短くなる

長期間にわたって油汚れを放置すると、換気扇やレンジフードの部品にダメージが蓄積します。結果として、機器の寿命が短くなり、早期の交換が必要になることがあります。

例えば、通常5年間の寿命を持つ換気扇が、油汚れの影響で3~4年で故障することもあります。このような故障は、修理や交換に費用がかさむだけでなく、不便さも伴います。

結果理由
悪臭の原因になる油汚れの臭いがこもりやすくなるため
火災リスクが高まる油汚れが可燃性であるため
換気効率の低下フィルターやファンにたまった油汚れが換気を妨げるため
電気代の増加モーターに負担がかかるため
機器の寿命が短くなる部品にダメージが蓄積するため

なぜ100均グッズがおすすめなの?

手軽に手に入る

100円ショップは全国各地にあり、多くの製品が手軽に手に入ります。特に大手100円ショップのダイソーやセリア、キャンドゥなどが一般的です。これにより、急に掃除をしようと思ってもすぐに必要なアイテムが揃えられます。特に忙しい日常の中で、手軽にアクセスできるのは大きなメリットです。

コスパが良い

100均グッズは値段が非常にリーズナブルであるため、コストパフォーマンスが非常に高いです。高価な専用洗剤やクリーナーを購入せずに済むので、節約にもつながりますし、試して失敗してもダメージが少ないです。また、家庭の年間掃除費用を抑えるためにもメリットがあります。

掃除以外の用途にも使える

100円ショップで購入できるグッズは、掃除以外の用途にも利用可能です。例えば、重曹やセスキ炭酸ソーダは料理や消臭にも使えるので、多目的に活用できる点が魅力です。これにより、一つのアイテムで複数の問題を解決できるため、家計にも優しいです。

環境に優しい

多くの100均グッズは天然素材から作られており、環境に優しい製品が多いです。重曹やクエン酸などは、化学的な洗剤に比べて環境への負荷が少ないため、エコを意識している方にもおすすめです。また、これらの天然素材は肌にも優しく、肌荒れの心配が少ないという利点もあります。

使い勝手が良い

100円ショップの商品は一般的に使いやすいサイズや形状に設計されています。重曹やセスキ炭酸ソーダは小さめのパッケージで販売されている場合が多く、保管もしやすく、掃除の際にも手軽に使えます。また、道具類もコンパクトで扱いやすいものが多いので、家庭内のスペースを圧迫しません。

専門家の意見も支持

実際に多くの清掃専門家も100均グッズの効果を認めており、多くの掃除マニュアルで推奨されています。専門家が認める信頼性があるため、初心者でも安心して使えます。これによって、プロのような仕上がりが期待できます。

メリット具体例詳細
手軽に手に入るダイソー、セリア全国に店舗があり、すぐに購入可能
コスパが良い100円ショップの商品リーズナブルな価格
掃除以外の用途にも使える重曹、セスキ炭酸ソーダ多目的利用が可能
環境に優しい重曹、クエン酸天然素材
使い勝手が良い小さいパッケージ保管しやすく使いやすい
専門家の意見も支持清掃マニュアル信頼性が高い

用意するもの

基本の掃除グッズ

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • アルカリ電解水
  • オレンジクリーナー
  • 油汚れ用マジックリン

掃除道具

  • マイクロファイバークロス
  • スポンジ
  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋
  • ボウル(バケツ)
  • キッチンペーパー

その他の便利グッズ

  • ラップ
  • 新聞紙
  • ポリエチレン手袋
  • ヘラ

分解・組み立てに必要な工具

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー

基本の掃除グッズについて

以下のアイテムは換気扇やレンジフードの油汚れを効果的に取り除くための基本的な掃除グッズです。

重曹

重曹は天然素材で安全に使える強力な油汚れ除去剤です。微細な粒子が付着した油を物理的に剥がし取ります

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性の洗浄剤で、油汚れを分解する効果があります100均でも手軽に入手できるので、コスパが非常に優れています。

アルカリ電解水

アルカリ電解水は強力なアルカリ性の水溶液で、頑固な油汚れにも対応できます手軽に手に入る上に、環境にも優しい点が魅力です。

オレンジクリーナー

オレンジの皮から抽出した成分を含むオレンジクリーナーは天然成分で安全ながら強力な油汚れ除去力を持ちます香りも良く、掃除が楽しくなるアイテムです。

油汚れ用マジックリン

油汚れ用マジックリンは超強力な洗剤で、しつこい油汚れも簡単に取れます。

掃除道具について

以下のアイテムは掃除を効率的に進めるために必要な道具です。

マイクロファイバークロス

マイクロファイバークロスは繊維が細かく、油汚れをしっかりと絡め取ります通常の布よりも吸着力が高いため、掃除後の仕上げにも最適です。

スポンジ

スポンジは油汚れを取るのに適した道具です。特に研磨面と柔らかい面があるタイプは効率よく掃除ができます

歯ブラシ

歯ブラシは細かい部分の掃除に最適です。ブラシ部分が小さいため、換気扇内部の隙間に入りやすいです

ゴム手袋

ゴム手袋は手や肌を保護するために欠かせないアイテムです強力な洗剤を使用する際にも安心して作業ができます。

ボウル(バケツ)

ボウルやバケツは洗剤を溶かしたり、汚れを漂白したりする際に便利です大きめのものが一つあると便利です。

キッチンペーパー

キッチンペーパーは余分な洗剤や汚れを拭き取るために便利です

その他の便利グッズについて

以下のアイテムも使うと掃除がさらに楽になります。

ラップ

ラップは洗剤を馴染ませるのに便利です。汚れに洗剤をかけ、ラップで覆っておくと汚れが浮きやすくなります

新聞紙

新聞紙は床や周囲を汚さないための対策として使えます。使い終わった後はそのまま捨てられるので、掃除後の後片付けも簡単です

ポリエチレン手袋

ポリエチレン手袋は洗剤を扱う際に手が汚れないように使います脱ぎ捨てやすく、使い捨ても可能です。

ヘラ

ヘラは固まった油汚れを削り取るのに最適ですプラスチック製のものがおすすめで、換気扇の表面を傷つけずに作業ができます。

分解・組み立てに必要な工具について

以下の工具を準備することで換気扇やレンジフードの分解と組み立てが簡単になります。

プラスドライバー

プラスドライバーはほとんどの換気扇のネジを外すために必要ですしっかりと握りやすいものを選びましょう。

マイナスドライバー

マイナスドライバーも時折必要になることがあります。持っておくと便利です

換気扇・レンジフードの分解方法

必要な道具

  • ドライバー(プラス・マイナス)
  • ゴム手袋
  • ビニール袋や新聞紙(汚れ防止用)
  • ユニバーサルクリーナー(100均で購入可能)
  • 中性洗剤
  • スポンジまたはブラシ
  • バケツ
  • タオルやクロス

分解手順

手順詳細
1. 電源を切るまずは安全のため、換気扇やレンジフードの電源を必ず切り、コンセントを抜きます。
2. フィルターを外すフィルターは基本的にネジやクリップで固定されていますので、ドライバーを使って取り外します。油や汚れが付いているため、ゴム手袋を着用してください
3. ファンカバーを外すフィルターを外した後、次にファンカバーを外します。こちらもネジで固定されている場合が多いので、ドライバーを使って慎重に外します。この時、汚れが飛び散らないよう新聞紙やビニール袋を敷くと良いです
4. ファンを取り外すファンは回転ブレードで固定されています。回転ブレードを手で回しながら緩めて外し、ファン本体も取り外します。取り外した部品は油汚れが多いため、ビニール袋に入れておくと後から清掃が楽です。
5. レンジフードの内側をチェック最後に、レンジフードの内部を確認します。内部にも油汚れが付着している場合があるので、cleanerとスポンジを使ってしっかりクリーニングしましょう。

注意点

  • 部品をなくさないように、小さなビニール袋や新聞紙の上に置いておくと良いです。
  • ネジやクリップを紛失しないため、作業場所を整理整頓しましょう。
  • 高所での作業になる場合は、踏み台や脚立を使い、安定した作業環境を確保してください。
  • 換気のため窓を開けて、適切な作業環境を保ちましょう。
  • 分解作業には十分な時間を確保して行いましょう。

【油汚れレベル別】効果的な100均グッズと使い方を紹介

軽い油汚れ向け

重曹

  • 準備:100均で手に入る重曹を用意します。
  • 手順
    • 1. 重曹を適量取り、ぬるま湯でペースト状にします。
    • 2. ペースト状の重曹を油汚れに直接塗ります。
    • 3. 10~15分程度放置します。
    • 4. スポンジや布でこすり、汚れを落とします。
    • 5. 最後に水で流し、乾いた布で拭き取ります。
    セスキ炭酸ソーダ
    • 準備:100均で手に入るセスキ炭酸ソーダを用意します。
    • 手順
      • 1. セスキ炭酸ソーダを水と1:5の割合で混ぜ、スプレーボトルに入れます。
      • 2. スプレーボトルから油汚れに直接噴霧します。
      • 3. 数分放置し、スポンジや布で軽くこすります。
      • 4. 水で流し、乾いた布で拭き取ります。
      頑固な油汚れ向け アルカリ電解水
      • 準備:100均で手に入るアルカリ電解水を用意します。
      • 手順
        • 1. アルカリ電解水をスプレーボトルに入れます。
        • 2. スプレーを油汚れに直接噴霧します。
        • 3. 5~10分程度放置します。
        • 4. スポンジや布でこすり、汚れを落とします。
        • 5. 最後に水で流し、乾いた布で拭き取ります。
        オレンジクリーナー
        • 準備:100均で手に入るオレンジクリーナーを用意します。
        • 手順
          • 1. オレンジクリーナーを油汚れに直接噴霧します。
          • 2. 数分放置します。
          • 3. スポンジや布でこすり、汚れを落とします。
          • 4. 水で流し、乾いた布で拭き取ります。
          しつこい油汚れにはコレ! 油汚れ用マジックリン(100均で買えるもの)
          • 準備:100均で手に入る油汚れ用マジックリンを用意します。
          • 手順
            • 1. 油汚れ用マジックリンをスプレーボトルに入れます。
            • 2. 油汚れに直接噴霧します。
            • 3. 10~20分程度放置します。
            • 4. スポンジや布でこすり、汚れを落とします。
            • 5. 最後に水で流し、乾いた布で拭き取ります。
            掃除後の仕上げ&お手入れ方法 仕上げ方法 掃除を終えた後も、さらに綺麗さを保つための仕上げ方法を紹介します。 水気をしっかり取る
            • 換気扇やレンジフードを掃除した後は、水気をしっかりと拭き取ることが重要です。乾いた布で丁寧に拭き上げることで、錆びやカビの発生を防ぐことができます。水気が残っていると細菌やカビが繁殖しやすくなるため、注意が必要です。
            アルコール除菌スプレーを使う
            • 掃除後にアルコール除菌スプレーを使うことで、残った油汚れや菌を除去することができます。特に換気扇のフィルター部分などは念入りにスプレーしておくと、清潔感が長持ちします。アルコールは揮発性が高いため、乾燥も早く便利です。
            フィルターの取り付け
            • フィルターを元に戻す際に、きちんとフィットさせることが大事です。正しく取り付けることで、換気扇の性能を最大限に発揮することができます。フィルターが正しく装着されていないと、換気効率が下がる可能性があるため、注意しましょう。
            お手入れ方法 定期的なお手入れを続けることで、油汚れの再発を防ぎ、清潔な空間を保つことができます。 フィルターのチェック
            • 最低でも月に一度はフィルターをチェックし、油汚れの付着具合を確認しましょう。軽い汚れなら、100均の重曹スプレーで簡単に掃除できます。初期段階で汚れを取り除けば、頑固な汚れになるのを防げます。
            換気扇の稼働状況の確認
            • 換気扇が正常に動いているかどうかを定期的に確認しましょう。異音がする場合や、吸引力が落ちていると感じたら早めに対処することが大切です。フィルターに汚れが詰まっていることが原因の場合もありますので、併せてフィルターも確認しましょう。
            防汚シートやフィルターカバーの活用
            • 100均で手に入る防汚シートフィルターカバーを活用すると、次回の掃除が楽になります。これらを定期的に交換することで、油汚れの付着を防ぐことができます。簡単に取り換えられるため、忙しい主婦やサラリーマンにもおすすめです。
            注意点 掃除用具の管理
            • 掃除用具は使った後必ず水洗いし、乾燥させて保管しましょう。次に使う際にも清潔な状態で使用できるようにします。汚れたままの掃除用具を使うと、かえって汚れを広げてしまうことがありますので、特に気をつけましょう。
            換気扇とレンジフードの定期点検
            • 定期的に業者に頼んで点検を行うことも重要です。特に古くなった部品は交換や修理を検討することで、安全に使用し続けることができます。部品が正常に機能しているか確認することは、安全性と効率性の維持に繋がります。
            お手入れのスケジュール 項目 頻度 フィルターのチェック 月に一度 防汚シートの交換 2〜3ヶ月に一度 換気扇の点検 半年に一度 専門業者による点検 1年に一度 まとめ 換気扇・レンジフードの油汚れを放置すると、効率的な換気ができなくなり、キッチンの空気が悪くなる恐れがあります。そこで、おすすめなのが100均グッズです。手軽に手に入るうえ、コスパが良く、掃除以外の用途にも使える優れものです。 軽い油汚れには重曹やセスキ炭酸ソーダ、頑固な油汚れにはアルカリ電解水やオレンジクリーナーが効果的です。しつこい油汚れには油汚れ用マジックリンが役立ちます。掃除後はしっかりと乾燥させて、定期的なお手入れを意識することで、清潔さを保つことができます。 100均グッズをうまく活用することで、効果的に油汚れを撃退し、キッチンの環境を改善しましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!